ハイライト
•微小血管機能に対する2週間の緑茶介入の効果を調べた。
•2つの異なる年齢層が研究された(18〜35歳と55〜75歳)。
•レーザードップラーフローメトリーを用いて皮膚微小血管機能を評価した。
•経皮酸素圧を使用して皮膚酸素圧を評価した。
•収縮期血圧、組織酸素産生および皮膚微小循環は両群で有意に改善された。
要旨
緑茶の摂取は心血管疾患の危険因子の減少と関連しています。
しかし、酸素需要が高いときに循環系への影響についてはほとんど知られていないが、若年者と高齢者の間でその潜在的な異なる影響を調べている証拠はほとんどない。
したがって、この研究の目的は、高齢者と若年者の両方における微小血管機能に対する緑茶消費の短期的影響を評価することでした。
15人の若年[244.0]および15人の高齢[614.0]の参加者が、14日間毎日2杯の緑茶を飲みました。
皮膚微小血管機能を評価するためにレーザードップラーフローメトリー(LDF)を使用し、皮膚酸素圧を評価するために経皮的酸素モニタリング(TcPO2)を使用した。
収縮期血圧および拡張期血圧もまた両方の来診で評価した。
我々は、若年群[1.6(0.59)対2.05(0.72)、p <0.05]および軸長群[1.25(0.58)対1.65(0.5)p <0.05]の軸索媒介微小血管血管拡張における有意な改善を観察した。
皮膚酸素圧の改善もまた、両方の注目されるTcPO 2測定において両方の群について注目された(すなわち、訪問間で、より古い群のΔTcPO 2 maxに対してそれぞれ1.25(0.58)対1.65(0.5)(p <0.05))。
若年者[12010)対11210)、p <0.05]と高齢者群[12912v 12411)、p <0.001]の両方で収縮期血圧の改善も観察された。
結論として、我々は微小血管機能と皮膚酸素圧の統計的に有意な改善を観察しました。
我々の結果は、緑茶が、高齢者と若年者の両方において、心血管疾患リスクの低下を目的としたライフスタイル介入における食事要素として有益であることを証明するかもしれないことを示唆しています。
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0026286216300486