要約
バックグラウンド
心筋梗塞(MI)後の高い罹患率と死亡率を考慮すると、心臓リモデリングのための潜在的な利益を持つ化合物の研究は合理的です。
緑茶(GT)(チャノキ)は世界で最も消費されている飲料です。
GTの潜在的な作用機序には、抗炎症性、抗アポトーシス性、抗酸化性、および脂質低下特性が含まれます。
目的
本研究はラットの冠状動脈閉塞後の心臓リモデリングに対するGTの影響を分析した。
方法
雄のウィスターラットを4つのグループに分けた:対照(C)、対照緑茶(GT)、心筋梗塞(MI)、および心筋梗塞および緑茶(MI-GT)。
GTおよびMIGTには、0.25%ポリフェノン60(SigmaAldrichカナダ、オークビル、オンタリオ、カナダ)を含む標準食を与えた。
3か月の観察の後、心エコー検査および摘出心臓研究、酸化ストレス、エネルギー代謝、血清脂質、細胞外マトリックス、およびアポトーシスを評価した。
結果
GTは心肥大を減少させ、収縮機能障害および拡張機能障害を改善しました。
酸化ストレスに関して、GTはタンパク質カルボニルを減少させ、Nrf-2を増加させ、そして抗酸化酵素活性を対照パターンに回復させた。
エネルギー代謝は、より低い脂肪酸酸化およびトリアシルグリセロールの蓄積、血清脂質の増加、クエン酸回路の障害、および酸化的リン酸化を示すMIの影響を受けた。
GTは、ピルビン酸デヒドロゲナーゼ、複合体IATPシンターゼ、およびグリコーゲン貯蔵を増加させることによって、MI後のグルコース経路およびミトコンドリア機能を刺激した。
さらに、MIは、MMP2およびTIMP1活性を含む細胞外マトリックスを変化させ、3カスパーゼによるアポトーシスを増加させ、これらはすべてGTによって減弱された。
結論
GTは、収縮期および拡張期機能不全の改善と関連した、MI後の心臓リモデリングを減弱させた。
酸化ストレス、エネルギー代謝、アポトーシス、および細胞外マトリックスの変化はすべて、GTが関与する可能性があるメカニズムです。https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0167527316325372