ハイライト
•EEM 蛍光分光法を代替の分析的アプローチとして調べた。
•緑茶のサンプルは、その地理的な起源に基づいて特徴付けられました。
•PARAFACの結果は、2つのフルオロフォアの発光スペクトルを強調した。
•SELECTによって選択された変数は、フルオロフォア発光バンドに対応していた。
•CE法は、カテキンが中国の緑茶中により豊富であることを確認した。
要約
本研究では、励起発​​光マトリックス(EEM)蛍光分光法と多変量ケモメトリックス技術の組み合わせに基づいて、緑茶(GT)サンプルの分析と特性評価のための代替分析アプローチを提案します。
63GTサンプルの三次元スペクトルは、Perkin-Elmer LS55発光分光計を使用して記録しまし、励起スペクトルおよび発光スリットを共に10nmに設定して、200〜290nmの範囲の励起波長で295〜800nmの間で発光スペクトルを記録した。
三元分解法として平行因子分析(PARAFAC)を用いて2つの因子の励起および発光プロファイルを得た。
このようにして、初めて、緑茶中の2つの主要なフルオロフォアのスペクトルが見出された。
さらに、シクロデキストリン修飾ミセル界面動電クロマトグラフィー法を用いて、茶の地理的起源に関する補足的な情報を得るために、24GTサンプルのサブセット中の最も代表的なカテキンおよびメチルキサンチンを定量した。
2種類の茶の識別能力は、界面動電クロマトグラフィーのデータに基づいて実行された部分最小二乗クラスモデリングによって示されており、それぞれ日本のGTサンプル98.70%および98.68%用に構築されたクラスモデルの感度および特異度である。
この包括的な研究は、GT試料の特徴付け、識別および分析のためのEEM蛍光分光法とPARAFACモデルの組み合わせの可能性を実証しています。https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0731708518314055