要約
目的
この研究は、細胞および赤血球膜に対する緑茶サプリメントの生物学的活性およびその活性の分子機構を決定するために行われた。
方法
抽出物の活性は、その溶血作用、抗酸化作用および抗炎症作用に基づいて評価された。
さらに、赤血球膜の物理的性質に対する抽出物の効果を調べた。
また、サプリメント中のポリフェノールとフラボノイドの総含有量の標準テストを追加し、高収率液体クロマトグラフィーを使用したサプリメント成分の詳細な分析も実施しました。
調査結果
研究は緑茶抽出物が赤血球に有害な影響を与えずに高い抗酸化と抗炎症能力を持つことを示しました。
その抽出物は、明らかにその親水性領域に結合することによって赤血球膜の物理的性質を改変し、その結果、疎水性領域の剛性、水和の増加、および媒体の張度の変化に対する耐性の適度の増加を伴う。
抽出物の成分は膜脂質の極性領域に固定されているので、それらは膜のすぐ近くのフリーラジカルを効果的に捕捉し、その内部への拡散を妨げることができる。
総論
血漿の生理的ポリフェノール濃度を著しく超える濃度の緑茶サプリメントは、赤血球膜に有害な影響を及ぼしません。
フラバン-3-オールの含有量が高いため、サプリメントは高い生物活性を示し、緑茶葉の一般的に使用されている輸液の代替原料となりますhttps://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0024320515000089