要約
ルーメン発酵改質剤としての可能性およびそれらの抗微生物活性および抗酸化活性のために、植物抽出物は化学飼料添加物の代用品として提案されてきており、おそらくメタン排出を減少させます。
この研究は、オレガノ(OR)、緑茶抽出物(GT)の使用、および授乳期28日から87日の乳製品の性能およびメタン排出量に対する飼料添加物としてのそれらの関連性を評価することを目的とした。
2つの遺伝的グループにブロックされた32頭の泌乳牛、522.6±58.3kgの体重、57.2±20.9日の授乳、27.5±5.0kg /牛の牛乳と3.1±1.8乳汁分泌を評価した(平均値±平均値の標準誤差)。
牛は4つの治療法に分けられた:食餌中に植物抽出物を含まない対照(CON)。オレガノ抽出物(OR)、食事の乾物(DM)中に0.056%のオレガノ抽出物を添加したもの。緑茶(GT)、食事のDM中に0.028%の緑茶抽出物を添加したもの。食餌のDMに0.056%のオレガノ抽出物および0.028%の緑茶抽出物を加えて混合したもの。
飼料対濃縮物の比は6040であった。
飼料はコーンサイレージ(94%)とティフトン干し草(6%)で構成されていた。濃縮物は挽いたトウモロコシと大豆の食事に基づいていた。
植物抽出物は粉末として供給され、それは予め添加されそして天然物質中の1kgの濃縮物に均質化され、全混合食餌の上に上着された。
評価された変数のいずれについても日々の相互作用による治療は観察されなかったが、治療による相互作用によるいくつかのブロックは有意であった。
ホルスタイン種の牛では、混合治療は総エネルギーを減少させ、ORと比較した場合、粗タンパク質および総消化可能栄養素の総消化管見かけの消化係数を減少させる傾向がありました。
ガス測定期間中、GTORは、摂取したDMの可消化画分を増加させ、CONと比較して、可消化DMI 1キログラム当たりのグラム数で表したCH 4を減少させた。
抽出物を使用しても、ルーメンのpH、総揮発性脂肪酸濃度、乳量、またはほとんどの乳特性は変化しませんでした。
CONと比較して、オレガノ添加はミルク中の脂肪濃度を減少させた。
植物抽出物の使用は、いくつかの乳脂肪酸を変えたが、鎖長(短または長)、飽和(不飽和または飽和)、全共役リノール酸、ならびにn3およびn6含有量に従って分類された乳脂肪酸を変えなかった。
緑茶とオレガノを別々に給餌すると、授乳の最初の3分の1の間に牛のガス排出量が減少し、乳牛の飼料添加物として使用される可能性があります。https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002203021830153X