ハイライト
•緑茶に対するγ線照射効果は全体的に達成された。
•線形回帰(LRA)に基づく新しいケモメトリックアプローチが提案されています。
•LRAを他の多変量ケモメトリック法(PCAおよびCA)と比較した。
•RPLC / UVおよび(+/-)ESI / MSデータを全体論的アプローチに使用した。
•5種類の緑茶に0、10、25 kGyの照射量を照射した。
要約
緑茶に対するγ線照射効果の評価は、線形回帰(LRA)に基づく新規なアルゴリズムによって全体的に達成された。
このアルゴリズムを主成分分析(PCA)およびクラスター分析(CA)の識別力と比較した。
全体的な評価は、既存の構成要素の構造的帰属および/または検定を含まずに、陽イオンまたは陰イオンモニタリングエレクトロスプレー質量分析(+/ESI / MS)データおよび紫外線分光検出を用いた逆相液体クロマトグラフィー(RPLC / UV)クロマトグラムに基づいた。
5種類の緑茶(010および25kGyの照射線量を受ける)が検討された。
エタノールおよび温水中での抽出を用いた。
比較対象のプロファイルの定義を確実に増やすために、LRAアプローチは、高頻度/高分解能の取得速度から得られた大きな実験データ系列のペアに適用され、得られた傾き、切片、および相関係数は、生データに含まれる情報を保持する変数と見なされます。
識別能力は次の順序で変化した:LRA> CA> PCA
入力データに含まれる情報は以下のように変動した:(+)ESI / MSスペクトル>()ESI / MSスペクトル> RPLC / UVクロマトグラム。https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0969806X17311507