壱岐島の魅力を短時間でたっぷりと伝える。

聞きかじった話も沢山ありますが、なかなかいいところでした。

壱岐島はもともと壱岐国としてあった

邪馬台国、女王卑弥呼の時代 魏志倭人伝にも載っている。その時代は壱岐国という名前だった。

悠久の時の記録が多く残されている。

壱岐国の多く、原の辻遺跡。

貴重な歴史物が次々と発掘され古代史の謎解きに役立っている。

壱岐博物館は魏志倭人伝の世界へ誘う

耳をすませば、海のおとが。壱岐国の人々の生活風景が思い起こされます。

見るだけでなく、遊びや学びを通じて考古学や歴史が自然とみじかな所に出てくる。

太古の日本が見せる 夢とロマンが発掘できます。

身近なリゾートアイランドが壱岐島。

ゆっくりとした時間。

新しい発見。贅沢な時間。

壱岐市場は活気に溢れる

豊かな海の幸でいっぱい。

四方を海に囲まれた壱岐は

東西15km 南北17kmの自然豊かな島。

日本有数の美しさを誇る。

海岸線は四季を通して飽きることがない表情

玄界灘に浮かぶみじかな楽園が壱岐。

船の便も充実が壱岐

博多からと唐津からはフェリー

博多からはジェットフィオルも。

 

海の幸 山の幸 元気の島壱岐の醍醐味。

新鮮な魚介類の刺身は絶品。

壱岐のウニは極上。

甘い生のままでも

秘伝のタレで炊き込んだウニ飯でも磯の味を堪能できます。

海の男たちが一本一本釣り上げた剣先イカ。

壱岐の豊かな自然環境。第1級の伝統ブランド壱岐牛

松坂牛、神戸牛と並ぶ見事な霜降り。

口の中でとろける満足な味わいです。

島の幸共に味わう贅沢。

壱岐は麦焼酎発祥の地

良質な地下水と伝統的な製法で守られてきた。

まろやかな味わいをお試しあれ。

自然の恵みをたっぷりと堪能した後はやっぱり温泉。

壱岐の温泉は1500年も昔から人々を癒してきた。

独特の赤茶色のお湯が旅の疲れを優しく癒してくれる。