抽象
この研究の目的は、 0、5、10、15 および20 kGyの線量で緑茶中の緑茶の臭い揮発性物質に対するガンマ線の影響を評価することでした。
揮発性有機化合物を水蒸気蒸留によって抽出し、GC / MSによって分析した。
緑茶は放射線の影響に大きな影響を与え、コントロールサンプルと比較して同定された揮発性物質を増加させました。
10 kGy の線量は、5および20 kGy までに新しい臭い化合物の大部分を形成する原因であった。
しかしながら、 5kGyの線量は、20kGyまでに、照射されていないサンプル中の揮発性物質の大部分を分解した線量であった 。
示した15kGy の線量は、臭気成分に影響を及ぼさない。
20までの線量のガンマ線 kGyは、臭い化合物に対して照射緑茶と非照射緑茶との間に統計的に差がないことを示した。
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0969806X10003488