ハイライト
•お茶のライフサイクル全体の環境評価は、4つの包装に焦点を当てて行われた。

•茶葉の生産は、環境負荷の主な要因である。

•機械とディーゼル燃料は、それぞれ農場と工場のホットスポットである。

•茶園の環境効率スコアは、オゾン層破壊を除くすべての影響カテゴリーで低かった。

•3層包装では、環境への影響が最も少なく、純利益が最も高かった。

要旨
お茶は、ライフサイクルの間にかなりの環境影響を伴う。

イランにおける農場での緑茶葉の生産と工場への輸送、お茶の加工、お茶の包装、地元のお店への加工茶の輸送、民家における調理などのライフサイクルにおけるお茶の環境負荷を評価することを目的とした。

各段階のホットスポットを特定し、さまざまな選択肢を比較した。

ISO 14040規格に基づいてライフサイクルアセスメント(LCA)アプローチを使用した。

影響評価にはCML-IAベースライン法を適用した。

環境効率(EE)スコアを計算し、緑茶葉と包装された紅茶の経済動向を評価した。

30の農場と30の茶加工工場からデータを収集した。

機械とディーゼル燃料がそれぞれ農場と工場で最も汚染が多かった。

茶生葉の生産は、環境負荷の主な要因であった。

2層包装は、1層、3層、ポリエチレンパッケージと比較して最も汚染が多かった。

コンロは電気ポットより環境に優しかった。

包装では、3層包装の純利益が最も高く、環境への影響が少なかった。

お茶のライフサイクルの負の環境への影響は、農場での農薬や化学肥料などの使用の最適化、紅茶加工工場での天然ガスの使用、3層パッケージの適用、コンロの使用によって減らすことができる。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0959652618317335