このレビューは緑茶カテキンの抗ウイルス性、抗酸化性、免疫刺激性を評価する。

外生殖器疣贅の管理における緑茶カテキンの活性と有効性を評価する2つのランダム化試験が提示され、この局所治療法に関連する報告された副作用が概説されている。

最後に、作用機序、パーセントいぼクリアランス、クリアランスまでの時間、緑茶カテキンの毒性プロファイルを、肛門性器疣贅の治療のために承認された他の患者に投与された2つの局所用薬剤であるポドフィロックスとイミキモドと比較する。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0002937808008843