地球にやさしい中国茶交流会 中国茶交流会実行委員会の要約です。

地球にやさしい中国茶交流会 中国茶交流会実行委員会この本の良いところ

・中国茶のお店について全国全てを網羅している。
・中国茶の素人でも用語がわかるような形になっているので、
何がわからないのかがわかる状態に持っていけるようになる。
・中国と台湾茶の品種がわかる。
日本のようにあるようだが、数は日本よりも少ないようである。
・漢字が難しすぎて読めないので、ふりがなが豊富に振ってくれているところは大変ありがたい。
・中国茶の魅力について具体的な事例をあげている。
具体的に何がどのように違うのかいまいちわかっていなかったのでこれを見れてよかった。
・日本茶よりも飾り付けや香りに凝っている。
例えば花茶だったり、緊圧茶だったり。
・淹れ方や飲み方がまあまあ難しいと思うが、やり方が多数あって楽しい。
中国茶は私が感じるに一番入り口が入りにくいお茶かもしれません。
中国語だったり中国文化を学んでいた人は別ですが。
といことですが、2000種類以上あるということで楽しみは無限大に広がっていくお茶でもあると思います。
ちょっとずつですが覚えていけたらいいと思います。