ハイライト
•緑茶抽出物を用いて鉄ベースのナノ粒子(Fe NP)を合成した。

•マラカイトグリーンの分解には、Fe-NPが使用した。

•マラカイトグリーンの分解に影響する因子を研究した。

•SEM、XRD、EDSをFe NPのキャラクタリゼーションに使用した。

要旨
本論文では、緑茶抽出物を用いて水溶液中の鉄ナノ粒子(GT ‐ Fe NP)を合成し、マラカイトグリーン(MG)を分解した。

MGとの反応後の形態への損傷とGT ‐ Fe NPのサイズの増加がSEMとEDSによって観察された。

XRDは反応前後のGT ‐ Fe NPの特性ピークにほとんど変化がないことを示した。

UV-VIS分光法は、MGの吸収ピークが減少することを示しているが、FTIRは、1585 cm-1のバンドが反応後フェニルに相当することを示している。

初期溶液pH、MGの初期濃度、GT ‐ Fe NPの投与量、反応温度を含むMGの除去効率に影響する因子も調べた。

298Kで50 mg/Lで96%のMGが除去されたことが明らかになった。

動力学研究はMGの除去が擬一次モードによく適合することを示した。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0926669013005359