要旨
ポリマーインプラント(ミリロッド)は、癌治療における化学療法剤の局所送達について試験されている。

合理的なインプラントデザインに関する理論的洞察を提供する可能性があるため、薬物放出プロファイルのモデリングは重要である。

この研究では、in vitroin vivoの両方で生分解性ポリ(ε-カプロラクトン)(PCL)ポリマーインプラント送達システムを用いて緑茶ポリフェノール(GTP)を送達する試験を実施した。

ポリマー組成、サプリメント、薬剤量、インプラントの表面積などの要因を調べた。

データは、GTPが長期間にわたってPCLインプラントから連続的に放出され、薬物負荷がGTP放出の主な決定要因であることを示した。

さらに、ラットモデルにおけるin vitro放出およびin vivo放出は、最大16ヶ月間、同様の動態に従った。

数学モデルを推定し議論した。

GTPインプラントは、代替戦略として腫瘍部位で全身的および局所的に使用される可能性がある。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022354915306778