京都府宇治市にあります白雲庵というお店についてのインタビューをいただきました。

白雲庵 黄檗に行こうと思った経緯は?

当時、実家にいました。同居していた祖母が「『普茶料理』を食べてみたい」と言ったので、『普茶料理ってなんだろう』と思ったことがきっかけで、お店を訪問しました。祖母・母・妹・私の4人で予約してから伺いました。

白雲庵 黄檗で特によかった点は?

建物がとても豪華で重みがあり歴史を感じる建造物です。また、お庭も素晴らしく食事をしながら眺めることができます。母がベジタリアン(本物のベジタリアンではなく、肉が苦手で食べられない)なのですが、普茶料理は、肉類を一切使わずに作られたお料理なので、喜んで食べていました。また、肉類を一切使わずに限られた食材でフルコースを作られていますが、繊細な作りの味わいで見た目の美しさと、とにかく感嘆の連続でした。

白雲庵で気を付けたほうが良い点は?

『普茶料理』は本来4人で食事をするスタイルらしく、4人分を盛り付けた大皿がいくつも運んできてくださいます。本来のスタイルを楽しみたい、という方は4人集めてご来店されるのが良いかもしれません。しかし、お1人からでも受付してくださるのでご安心ください。ただ、予約は必ずしてから訪問されるのが良いかと思います。普茶料理は作るのに手間と時間がかかりますので、ご注意ください。

白雲庵のプランと感想は。

JR奈良線の『黄檗駅』から徒歩でお店に伺いました。近くには『万福寺』という隠元によって建てられたお寺もあります。『万福寺』は大きな木魚があり、中国から来られた『隠元』禅師(インゲン豆を持ってこられた人でもあります)の影響もあり、異国情緒溢れるお寺です。京都市内にあるお寺とは一風変わった風情を楽しむことができますので、白雲庵同様、多彩な文化に触れることができました。

白雲庵周辺のおススメの食事場所や名物または茶関連施設にある茶の食事について。

黄檗駅から徒歩で15分ほどのところに『たま木亭』というハード系のパンで有名なベーカリーがあります。パン好きには有名なお店で、お店の外からお店のなかのレジまで行列が続いています。このお店のパンが食べたいがために黄檗駅まで来られる方もいらっしゃるほどです。売切れ次第終了ですので、お越しの際はぜひ、フランスパンをご購入してみてください。噛めば噛むほど味がある、とは正にこのことです!

白雲庵に行こうと考えている方へアドバイスをお願いします。

『黄檗駅』に停車すつ電車は多い時間で1時間に4本くらいですので、黄檗での過ごし方(時間等)を計算し、時刻表を確認してから、歩かれることをおすすめします。食事をする場所は『白雲案』の他に、お蕎麦やさんやイタリアンのお店もありますが、万福寺の雰囲気に浸りたいのであれば『白雲庵』はぜひおススメです。ただ、ランチのコースでも6,000円くらいしますので、ご注意ください。