高知県にあります土佐茶カフェの感想についていただきました。

土佐茶カフェに行こうと思った経緯は?

近年、高知では地域の産物を県内に限らず県外へも広めていこうと、大変力を入れています。
その中の一つが土佐茶です。寒暖差が激しい山沿いにきれいな茶畑があります。
生産地である仁淀川の源流近くのきれいな風景と日本茶の香りが気になりました。

土佐茶カフェで特によかった点は?

土佐茶カフェがオープンしたころは、県内外からのお客さんが長蛇の列を作って待っている姿をよく見かけていました。
オープン前からかなりの話題になっており、周囲の友人も一緒に行きたいねといっていました。

オープンしてだいぶ経過したころ、長蛇の列も徐々に落ち着いてきました。
そこで平日珍しく休日があったので、友人と連絡を取り土佐茶カフェ行くことにしました。

ランチを目指していきました。日替わりランチがとてもリーズナブルでひとつひとつの器も和テイストで食べていて楽しくなるランチでした。
またデザートも程よい甘さでおすすめでした。
また店舗はーケードの中なので、天候が悪くても傘を差さなくていいので快適です。

土佐茶カフェで気を付けたほうが良い点は?

土佐茶カフェは平日はずいぶん落ち着いてきましたが、それでも相変わらず人気があります。とくにランチにかかる時間帯は長蛇の列ができていることが多いです。

特に休日は待ち時間が一時間近いこともあるので、早めの時間に行くと待ち時間が短くなっていいと思います。
営業時間は月曜日から木曜日はと金曜日から日曜日では違うので確認したほうが良いでしょう。毎週水曜日は定休日となっていますので注意が必要です。

土佐茶カフェのプランと感想は。

土佐茶を楽しみたいと思ったこともありますが、土佐茶に合うおいしいランチが食べたいというのがメインの目的でした。
ランチは何種類かあって選ぶことができますが、どれも見た目がきれいでお茶に合う和食が中心の御食事です。

またスイーツが充実しています。土佐茶を使ったソーダやジュース、ケーキやパフェもあります。
和風スーツだけでなく、お茶ケーキがあり香りがほんのりと食欲をそそります。
デザートとは別に注文してしまったくらい、食べたいものが多く目移りします。テイクアウトもできます。

土佐茶カフェ周辺のおススメの食事場所や名物または茶関連施設にある茶の食事について。

土佐茶カフェは高知市の中心街にあり、周囲には公共施設から観光スポットまでいろんなところがあります。
まず土佐茶カフェの西側にはひろめ市場があります。ここはフードコート単体のお店です。何十件も露店風の店舗が並んでおり、気に入った店舗から商品を購入して席を決めたら座って食べれる形式です。

土佐名物が並んでいるのでその中にはお茶もあります。
また店舗の北側には県下で大手の書店や去年開館したばかりの図書館もあり、興味がある方はお茶について調べることもできます。

土佐茶カフェに行こうと考えている方へアドバイスをお願いします。

土佐茶カフェは土佐の地域おこしがきっかけで、お茶を作っている人やそれを販売している人たちの発信する場所ともなっています。
お茶の販売もしていますし、生産者たちの様子が知りたいと考えるなら、とりあえずこの土佐茶カフェで味わってから想像することも楽しいでしょう。
土佐茶はとくに香りが良いほうじ茶がおいしくいただけます。ぜひ楽しんでみてください。