ハイライト
•Awが高いほど、微生物学の安全性を保管するための放射線量は少なくなる。

•10.0 kGyまでの線量は、使用したすべてのAwにおいて酸化防止能力に影響を及ぼさなかった。

•照射緑茶の推奨線量は5.0 kGyである。

要旨
この論文の目的は、異なる水分活性で照射された緑茶に対するガンマ線の影響を研究することである。

緑茶サンプルは、Awは三つの値(0.93、0.65、0.17)に調整し、0、1.0、1.5、2.0、2.5、5.0、7.5、10.0 kGyの用量で60Co源で照射した。

使用した方法は、微生物学、総フェノール化合物定量、ORACによる抗酸化活性、および主要抗酸化剤の定量であった。

試料中に存在する遊離水の量が多いほど、微生物学的防除を達成するための投与量が少ないことが観察された。

水分活性の高い5.0 kGyの照射では、フェノール化合物や一部のカテキン含有量がわずかに減少するにもかかわらず、この条件は、主要なカテキンや抗酸化活性を妨げることなく微生物学的安全性を確保するための線量として推奨されている。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0969806X14003764