茶の文化会館の口コミと感想をいただきました。

茶の文化会館に行こうと思った経緯は?

次女が2歳半の孫を連れて里帰りをしていました。休日に妻を含めた4人でドライブに行くことになり、自宅から2時間以内の場所で適当なところを探していると、高校時代に茶道部に所属していた娘がこの施設を見つけて行くことにしました。

茶の文化会館で特によかった点は?

福岡県の南部で田園の風景が広がる筑後地方の中でも、特に自然が残る八女郡星野村にあり、素晴らしい自然に囲まれた場所にあります。九州国立博物館にも似たデザインは周辺の風景にも良く溶け込み、建物を眺めるだけでも来た甲斐があると思いました。内部の造りも立派で、展示品も良く吟味されていました。妻と娘は抹茶碾きの体験を喜んでいました。

茶の文化会館で気を付けたほうが良い点は?

2歳半の孫が喜ぶような場所でないことは承知して行ったのですが、建物の中や外部には子供を遊ばせるような場所がなく、妻と娘が体験コーナーを利用している間に孫を相手に苦労しました。展示ホールの展示物は高い位置から見るように置いてあるので、いちいち孫を抱き上げなければならないのが大変でした。小さな子供さんを連れていく場合は注意が必要です。体験コーナーは最低の人数が決まっていて、少人数では利用しにくい場合があります。

茶の文化会館のプランと感想は。

展示品や体験コーナーの内容は大人には十分に興味深いものです。お茶の種類や生育法、製法などがパネルやモニターでわかりやすく紹介されています。また、本玉露の被覆(おおい)を再現した空間では、実際の玉露園の雰囲気を味わえます。体験コーナーでは5人以上で訪れると色んな種類の体験が出来るので、友人を誘って再訪したいと思いました。

茶の文化会館周辺のおススメの食事場所や名物または茶関連施設にある茶の食事について。

「星のふるさと公園」と「池の山キャンプ場」が隣接していて、アウトドアを楽しむ人たちには喜ばれます。近くには「星の温泉館きらら」があり、肌に優しい泉質を立ち寄り湯で楽しむことが出来ます。館内に食事どころ「八女茶寮」があり、お茶を練りこんだ茶そばや抹茶のソフトクリームなどが味わえます。近くには食事の店はありませんが、インターチャンジからの道路沿いに沢山の飲食店があります。

茶の文化会館に行こうと考えている方へアドバイスをお願いします。

自動車で訪れる場合は、九州自動車道路の八女インターか広川インターで下車して向かいますが、通常だと45分程度の距離であるにもかかわらず、時々激しい渋滞に巻き込まれることがあります。片側1車線の道路を地元の軽トラックなどがゆっくりしたペースで走っていて、追い越しが非常に困難です。JRの駅からも遠いので、車以外では生きにくいので注意が必要です。