ハイライト
•高度に粗面化された表面の花状銀ナノ構造(Ag-NF)が合成された。

•緑茶中のイミダクロプリド残留物を検知するためのSERSセンサとしてAg ‐ NFを使用した。

•イミダクロプリドの無標識センサーは、4.55×10-5 μg/mLのLODで開発された。

•PLS、Si-PLS、Bi-PLS、GA-PLSが比較された。

•センサは、RSDの値(<5%)に基づいて再現性があった。

要旨
本研究は、非常に粗い表面の花の形をした銀ナノ構造(SERS基板として)とケモメトリックスアルゴリズムを組み合わせた表面増強Raman 散乱(SERS)に基づく、緑茶中のイミダクロプリド残留物の定量のための迅速、高感度および安価な技術の製作に焦点を合わせた。

この方法の基本原理は、電磁エンハンスメントによるレーザ励起の下でのAg-NFへの吸着後にSERS信号が得られたイミダクロプリドであり、ピークの強度が1.0×103~1.0×10-4 μg/ mLの範囲の濃度に比例する。

使用されたモデルの中で、GA-PLS(遺伝的アルゴリズム – 部分最小二乗法)は緑茶中のイミダクロプリド残留物を定量するための優位性を示した。

テストセットでRPD4.95%、精度4.50%、0.9702のRp(相関係数)を達成した。

提案されたセンサは、品質および人間の健康を保護するために緑茶中のイミダクロプリド残留物を定量化するために使用することができる。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1386142518310394