要旨
緑茶抽出物(GTE)は、肝保護化合物およびアセトアミノフェン(APAP)過量投与のための可能な治療薬として支持されてきた。

GTEがAPAP誘発性肝毒性を防御できるか調査した。

3つの異なるばく露シナリオを試験した。

1つはAPAPをマウスに投与し、6時間後にGTEを投与した。

他の2つはAPAP投与の前にGTEを投与した。

GTEをAPAPの3時間前または連続した3日間(1日1回)投与し、4日目にAPAPを投与した。

APAP投与の24時間後に肝毒性の指標を評価した。

GAPは、APAP投与後に投与した場合にAPAP誘発性肝毒性を増強した。

GTEは、グルタチオン枯渇を引き起こし、増強作用に寄与した。

GTEは、APAP投与前に投与した場合にAPAP誘発性肝毒性を防御した。

GTEは、タンパク質へのAPAP共有結合を減少させ、より反応性の低い代謝産物が肝細胞傷害を引き起こすために利用可能である。

医薬品と栄養補助食品の相互作用の可能性、さまざまな種類の潜在的相互作用を適切にモデル化するために複数のばく露シナリオをテストすることは重要であることを示す。

ハイライト
►APAP投与前の緑茶抽出物曝露は肝毒性を低下させた。

►APAP投与後の緑茶抽出物曝露は肝毒性を増強した。

►緑茶抽出物は、APAP投与前に投与した場合、タンパク質へのAPAP共有結合を劇的に減少させた。

►緑茶抽出物は著しいグルタチオン枯渇を引き起こした。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278691512000543