要旨
本研究では、お茶への農薬の暴露経路を明確にし、推定するためにモデリング手法を使用し、静岡県の農園のケーススタディを使用して、日本の適正農業規範(GAP)への改善を提案した。

適用後の農薬の運命と輸送を日本のGAPに従って予測するための動的区画モデルを開発する。

アゾキシストロビンとクロチアニジンの2種類の農薬は、与えられた一連の状況に対するモデルを使用して分析された。

その結果は、GAPの決定的な規定である固定収穫前インターバル時間の実施は適切ではないことを示している。

その理由は、茶葉中の農薬の散逸率が農薬散布の時期によって異なり、プランテーション地域特有の要因の影響を受けるためである。

散逸率は、アゾキシストロビンで1.5〜3.9日、クロチアニジンで3.8〜9.5日であった。

この研究はまた、温度などの植林地特有の要因をGAPガイドラインに盛り込むことが、残留農薬が望ましいレベルより低いことを確実にするために不可欠であることも明らかにしている。

さらに、良質で安全な緑茶を製造するためには、GAPは農薬散布のタイミングと投薬処理の処方について詳細で正確な指針を提供するべきである。

これらのガイドラインは、生茶葉の収穫時期に関する具体的な規定を考慮して決定する必要がある。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S188183661630012X