ハイライト
•8つの農薬残留物は、GCを使用して、お茶と抽出液において決定された。

•分析対象物はガスクロマトグラフィー – タンデム質量分析法を用いて確認した。

•いくつかの農薬は、お茶から抽出液に浸出しなかった。

•抽出時間が長くなると、他の農薬の移動が増えた。

•農薬の移動は水溶性に依存するように見えた。

要旨
種々の抽出水の温度下60、80、100 °Cで緑茶とお茶抽出液における8つの農薬残基を決定するための方法をガスクロマトグラフィー(GC)マイクロ電子捕獲検出器(μECD)を使用して開発し、検証した。

抽出方法は、固体サンプルの水和を採用した。

緑茶は、アセトニトリルで塩析してクリーンアップすることで抽出する前に水和した。

分析物は、三連四重極を用いたGCカップリング対タンデム質量分析(GC/MS/MS)を用いて確認した。

0.015〜0.03 mg/kgの定量限界は、全食品分析物に対して韓国食品医薬品局(KFDA)が設定した最大残留限界(MRL)よりも低かった。

シハロトリン、フルフェノキスロン、およびビフェントリンは、製造されたお茶から抽出液に浸出しなかった。

抽出時間が長くなると、アゾキシストロビン、フェニトロチオン、ジフェノコナゾールのお茶から抽出液への移動が増加した。

しかしながら、これはトリフルミゾールまたはEPNには当てはまらなかった。

農薬の移動は水溶性に依存しているようであり、お茶の抽出は60 ℃の水温で行うことが推奨される。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814614008620