ハイライト
•農薬とマイコトキシンは栄養補助食品に含まれている。

•LC-Orbitrap-MS / MSによって260を超える標的化合物が分析されている。

•化合物の抽出のために「希釈およびシュート」手順を使用した。

•緑茶とローヤルゼリー栄養補助食品をモニターした。

•農薬とマイコトキシン(アフラトキシンB1)が検出された。

要旨
栄養補助食品中の農薬とマイコトキシンを決定するために、マルチクラスの方法論を開発した。

ギ酸で酸性化したアセトニトリルを用いて抽出を行った。

異なるクリーンアップ吸着剤を試験し、緑茶とローヤルゼリーにそれぞれC18と酸化ジルコニウムを用いて最良の結果が得られた。

化合物は、Exactive-Orbitrap高分解能質量分析(HRMS)と超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)を用いて決定した。

得られた回収率は、3つの異なる濃度レベルで、相対標準偏差<25%で、調べたほとんどの化合物で70%~120%であった。

定量限界(LOQ)の計算値は<10 μg/kgであった。

この方法は緑茶(10)とローヤルゼリー(8)のサンプルに適用された。

9種類(緑茶8種類、ローヤルゼリー1種類)のサンプルで、10.6(シノスルフロン)から47.9 μg / kg(パクロブトラゾール)の濃度範囲で農薬陽性のサンプルが見つかった。

アフラトキシンB1(5.4 μg/kg)も緑茶サンプルの1つに見出された。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814615302156