ハイライト
•食事中のお茶抽出物は、働きアリが好みの食物の存在下で訪問し給餌するのを妨げなかった。

•生茶抽出物および使用済み茶抽出物はアリの生存にとって有害で​​あった。

•お茶と殺虫効果のある食事はお茶の種類とアリの種に依存するパターンを示した。

要旨
茶葉には、さまざまな有毒分子が含まれている。

その廃棄物は緑の葉とほぼ同じくらい毒性物質が豊富であるが
害虫管理のための利益に変える研究は行われていない。

本研究は、黒クレイジーアリ(BCA)、ヒゲナガアメイロアリ、黄色クレイジーアリ(YCA)、アシナガキアリ、ウィーバーアリ(WA)、ツムギアリに対するお茶と廃棄物の行動的および致死的影響を探るために実施した。

生茶抽出物(FTE)および使用済み茶抽出物(UTE)の両方は、BCA、YCA、およびWAの生存にとって有害で​​あった。

FTEは最も有毒であり、BCAは最も脆弱な種であった。

食事中の茶抽出物は、働きアリの好みの食物の存在下で訪問し給餌することを妨げなかった。

茶抽出物を含有する食事は、好ましい食物と競合するときにBCA、YCA、WAにとって魅力的である。

これらの抽出物は、働きアリに対して殺虫効果があった。

これらの特性は、それが引き起こす増大する環境問題に対する実用的な解決策ともなり得る、環境に優しくかつ低コストの新規な蟻防除戦略を開発するためのお茶およびその老廃物の可能性を実証している。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0926669016303363