ハイライト
•QAMSは通常の外部標準法よりも効果的で実用的かもしれない。

•検証されたQAMSは、品質管理のための代替的で有望な方法となる可能性がある。

•固有の品質は異なる起源からの抽出物の間で異なっていた。

•階層的クラスター分析および正準判別分析を用いた。

•Taguchi DesignはQAMSの変動と適用性を評価するために導入された。

要旨
お茶の品質は、主にお茶のポリフェノールとカフェインが原因である。

本論文では、緑茶抽出物の品質評価のための新しい戦略を探索し、単一マーカーによる多成分の定性的および定量的分析(QAMS)を通して検証した。

Taguchi Designは、茶カテキン、没食子酸およびカフェインからエピガロカテキンガレートへの相対変換係数(fx)の変動を評価するために導入された。

QAMSと通常の外部標準法の間の回帰モデル(Sig.=0.000)と偏差(R2>0.999) は2つの方法の一貫性を証明した。

階層的クラスター分析と正準判別分析を用いて、異なる生産者から収集した26ロットの市販のLongjing緑茶抽出物(LJGTE)を分類した。

結果は、異なる起源からのサンプル間の成分プロファイルにおける有意差を示した。

QAMS法は、異なる起源のLJGTEの品質を包括的かつ効果的に管理するための代替的で有望な方法であることが実証された。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814615302466