ハイライト
•緑茶と紅茶は炭水化物、脂質および
フェノール類として化合物を提示した。
•お茶抽出物と画分のバイオガイド検査を開発した。
•お茶抽出物と画分は胃保護作用を示した。
•最も強力な画分は酢酸エチル(緑茶)と
水性(紅茶)であった。
•エピガロカテキンガレートは
緑茶の胃保護効果に寄与している。

要旨
Camellia sinensisの葉(緑茶と紅茶の葉)からの
含水アルコール抽出物を分画にかけ、
それらの極性に従って化合物の分離を促進し、
超高速液体クロマトグラフィー – 質量分析によって分析した。
カテキンとそれらの没食子酸エステル(エステル)
または酸化誘導体(テアフラビン)、
グリコシル化フラボノイド、
他のフェノール化合物、
脂質、サポニン、アルカロイドのような
広範囲の化合物を同定することができた。
バイオガイド試験により、
同定された化合物の胃保護特性を開発した。
エタノールによってラットに誘発された
急性胃病変のモデルを用いてサンプルを評価した。
緑茶と紅茶の水アルコール抽出物は
胃粘液と還元型グルタチオン(GSH)の関与により、
胃粘膜を保護した。
緑茶由来の酢酸エチル画分と紅茶由来の水性画分は、
最初の抽出物よりも有効性が高かった。
エピガロカテキンガレートは、
胃病変を減少させ、粘液レベルを回復させたが、
ルチンは重要ではなかった。
緑茶と紅茶の水性アルコール抽出物と
分割画分に存在する異なる化合物が、
保護因子、粘液、GSHの維持を介して
関連する胃保護をもたらすことを確認した。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0963996914005201