奈良県の吉野へ日帰り温泉とお茶を求めて行ってきた際の記録について書いて行きたいと思います。

ちなみに温泉に行った時とお茶を求めて行った時は別の日になります。

奈良県吉野の日帰り温泉

奈良県は鹿が有名ですが、奈良の中心部は奈良から見て県の北側にあります。

実際ならというのは北から南までかなり広くて、南の方は和歌山や三重県に面している箇所でもあります。

山奥の秘湯のような場所もありまして、紹介して行きたいと思います。

 

リバーサイドホテル 金剛乃湯

日帰り 宿泊
リバーサイドホテル 金剛乃湯
■営業時間 10:00~23:00

■入浴料 700円~

ホテル杉の湯

湯盛温泉

コロナ対策実施 宿泊
ホテル杉の湯
■入浴料 600円~

 

吉野温泉元湯

奈良県 / 吉野

コロナ対策実施 日帰り 宿泊
吉野温泉元湯
■営業時間 11:00~15:00

■入浴料 700円~

奈良県東吉野村のお茶の話

ひょっとりさんにご招待をうけて東吉野村に行ってきました。

・地域おこし協力隊の方
・まさかの私と同郷
・現場の日本の茶業に疑問を感じて無農薬 低肥料のお茶づくりに挑戦中

奈良県吉野のお茶
私も吉野にお茶があるとは知りませんでした。

テキスト等にもほとんど乗っていないと思います。

東吉野村の状況について

・吉野は人口減少が激しい場所
・茶畑は40年間放棄された状態
・現場付近にほとんど人は住んでいない
・水と空気がめちゃくちゃ綺麗でいいお茶が作れる環境というのがわかる

東吉野村のお茶について

 

自然が豊かで水がとても綺麗な場所です。

 

吉野紅茶の味
・香りは強くなくまろやか、
味は甘味が強く渋味はほぼない
・品種はおそらくやぶきた
やぶきたの紅茶ときくと 通の人たちは美味しいの??と思われるかもしれませんが、これがびっくりするくらい美味しかった。

 

岐阜県の白川で飲ませてもらった大門茶 これもその辺に生えているお茶だったんですが、渋みや雑味が少なくとても飲みやすかった

ということは、無理に肥料をいれなくてもいいのか?

この辺は実際に栽培をしたことがないので仮説になるのですが。

肥料を入れすぎたお茶に慣れているかもしれませんね。

 

 

1年前にたまたま京都の和束町で挨拶した方でしたが、
こういう形で偶然再会できたこととがとても嬉しかったです。