要旨

要旨
脳卒中は、多くの国で罹患率と死亡率の主要な原因である。
緑茶は、脳卒中を含むいくつかの病気の
予防に期待されている簡単で安価な飲料である。
しかし、脳卒中に対するお茶の予防効果を
調べる疫学的研究は矛盾した結果を生み出した。

目的
脳卒中予防における緑茶の新たな証拠を検討すること。

方法
出版された記事はPubMed 、
ProQuest、CINAHL、他のデータベースを
検索することによって見つけられ、
キーワード ‘tea’および ‘stroke’を使用して、
出版日に制限はなかった。
特定された論文の参考文献リストも
関連出版物のために検索した。

結果
緑茶に関する2つの公表された
疫学的研究は肯定的な発見を報告した。
お茶やお茶の成分が脳卒中のリスクを軽減する
可能性のある生物学的メカニズムについても多数の研究が提案している。
さらなる証拠を提供するために、
脳卒中のサブタイプについて期間および
さまざまな種類の茶消費を評価し、
さまざまな集団から追加の研究が必要である。

結論
緑茶は安全で安価な飲み物である。
それは潜在的に脳卒中予防のための
実用的な方法として役立つ可能性があるので、
その消費は奨励されるべきである。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0965229906000744