ハイライト
•加圧液体抽出のいくつかのパラメータを調べた。
•水溶性が増加し、
LogKowが降下したときに顕著な上昇があった。
•水溶解度≥有する殺虫剤 20 mg/Lで
50%以上の速度を浸出を示した。
•農薬は、PLE抽出として水を使用して
抽出液へより多く浸出した。

要旨
残留農薬はお茶からその抽出物や副産物に移動し、
その後人間によって消費される可能性がある。
余分な抽出条件は、お茶の抽出液や副産物への
より多くの農薬の浸出を引き起こし、
人間に大きな損害を与える可能性がある。
本研究の目的は、
加圧液体抽出による
緑茶からお湯への複数の農薬の浸出を評価することである。
添加サンプル中の農薬は、
一般的に陽性サンプル中の農薬よりも高い浸出を有した。
水への溶解度が20 mg/Lから450 mg/Lに上昇し
LogKowが6から4に減少したとき、
転送速度の著しい上昇が認められた。
すべての農薬は、
加圧液体抽出を使用した場合、
従来のお茶抽出よりもお湯への浸出が多くなった。
この研究は、
残留農薬のリスクアセスメントや
お茶とその副産物中の最大残留レベル(MRL)の策定に役立つ。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814616312080