概要

背景と目的
緑茶は、強力な抗酸化物質であるフラボノイドが豊富である。
酸化防止剤として、
お茶は酸化ストレス条件において価値があるかもしれない。
目的は、血漿中および赤血球中の酸化ストレスの
発生要因に対する緑茶の影響を評価することである。

方法
総抗酸化状態(TAS)、
脂質過酸化生成物 – マロニルジアルデヒド(MDA)、
マロニルジアルデヒド+ 4-ヒドロキシ-2(E) – ノネナール(MDA + 4-HNE)、
赤血球膜の酸化的変化
(結合ヘモグロビン(MBH)とバンド3プロファイル)を評価した。
分析評価は、1日1 Lの水を摂取して3週間後、
および1日1L緑茶を摂取して4週間後に行った。
お茶は、温度、浸出時間、濃度の同じ条件で毎日調製した。

結果
緑茶を飲んだ後、
MBHが低くなり、
バンド3プロファイルが正常値へ変化して
モノマーが増加し、
MDAとMDA+4-HNEの血清レベルと
赤血球内の酸化ストレスが減少した。
抗酸化能力の上昇も観察された。

結論
緑茶は酸化的ストレスの発生または増強を減少させ、
酸化的ストレス疾患から保護することにより
有益な効果をもたらす。
細胞内の酸化ストレスに対する緑茶の効果の
累積的測定を提供することにおける
バンド3プロファイルおよびMBHの価値についての
さらなる研究を提案する。
緑茶消費の効果、
通常の緑茶消費の価値、
健康的な効果を得るための
準備方法を明らかにするために、
さらなる研究も必要である。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0261561406000458