ハイライト
•比色センサーアレイを製造するために
PVDF膜上に種々の染料を印刷する。
•比色センサーアレイに基づく人工鼻および舌を構築した。
•システムは品種と品質に従って中国茶を分類することができた。
•HCAとPCAは、組み合わせたデジタルデータベースで実行された。

要旨
比色人工舌と鼻を使用して、
9つの中国茶を地理的起源や品質により区別した。
ナノポーラスポルフィリン、
二量体メタロポルフィリン、
メタロサロフェン錯体および
化学的に応答する染料を疎水性膜上に印刷すると、
人工舌および鼻の開発されたセンサーアレイは、
緑茶の液体または気体に曝されると
比色変化の独特のパターンを示した。
すべての緑茶サンプルは、
液体分析とガス分析の両方で、
地理的起源と品質に従って明確なパターンを示したため、
簡単に識別できた。
比色分析の人工舌と鼻の良好な再現性が証明された。
データは、
ケモメトリックス技術:階層的クラスター分析(HCA)、
および主成分分析(PCA)によって分析した。
同じ地理的起源の中国緑茶は、
PCAスコアプロットに一緒に集まる可能性がある。
90件の試験でHCAによる分類の誤りはなかった。
比色分析用の舌と鼻は、
地理的起源と品質に従って中国茶を
区別するために使用することができる。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814613011084