ハイライト
Camellia sinensisにおける
LMW-PAHよりも高いHMW-PAHの発生率。
•PAHの診断率は、
熱分解源と石油源の両方を示す。
•お茶サンプルは、
すべての人口カテゴリーでPAHのRI許容限度を超えた。
•子供は成人よりも癌リスクにさらされる
生涯の可能性が高かった。

要旨
本研究は、ナイジェリアで市販され広く消費されている
23種類の輸入および現地生産の
緑茶、紅茶、ハーブティー中の
16 + 1 US-EPA優先PAH(多環芳香族炭化水素)
発生の分析について説明している。
ガスクロマトグラフィー(GC)と
水素炎イオン化型検出器(FID)を分析に使用した。
個々のPAHの回収率は90.24~108.92%の間で変動した。
汚染の程度を緑茶、ハーブティー、紅茶サンプルについて
それぞれ16のPAHの和として表現した。
ベンゾ(a)ピレンは、サンプルの発癌性
および変異原性の可能性において重要な役割を果たした。
生涯にわたる癌の発生リスク評価は、
ハーブティーと紅茶の癌リスクレベルが高いことを示す。
一般的に、子供は成人よりも癌リスクの生涯確率が高い。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0889157517302740