ハイライト
•王水における紅茶および緑茶の
超音波支援可溶化は単純化した試料調製手順である。
•FAASおよびICP OESにより、
20個の袋詰と茶葉の紅茶および緑茶中の16種類の金属を決定した。
•お茶試料を4つの異なるクラスに分類するためにPCAとLDAを使用した。
•Al、Ba、Cr、Fe、K、Mg、NiおよびSrが
最も高い識別力を有する金属であった。

要旨
王水における試料の超音波支援可溶化に基づく
紅茶および緑茶の多元素分析法を開発し、
フレーム原子によるCa、Fe、K、Mg、Mn、Naの定量、
吸収分光法および誘導結合プラズマ発光分析による
Al、Ba、Cd、Co、Cr、Cu、Ni、Pb、Sr、Znの定量のために検証した。
試料調製手順は、
使用される試薬の量および機器に関して、
迅速で直接的かつ安価であった。
これは、茶葉の認証標準物質(INCT-TL-1)の分析によって
検証されたマイクロ波支援湿式消化と
統計的に同じ結果であった。
精度と精度によって示した通り分析性能も良好であった。
添加金属の回収率は98.1〜104%であった。
金属の定量限界も調べた。
この手順は、ポーランド市場で入手可能な様々な
袋詰と茶葉の紅茶および緑茶20個のサンプルの分析に使用された。
主成分分析および線形判別分析を使用して、
分析された茶を4つの特定のクラスに分類するために、
選択された金属(Al、Cr、Fe、K、Mg、Mn、Na、Sr)の濃度を適用した。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0026265X1500034X