要旨
日本はお茶の主要生産国であり、
緑茶はカテキンによる健康上の利点で知られている。
しかしながら、血中に十分な量のカテキンを維持することが
困難であることが報告されている。
日本人の間のもう一つの重要な健康増進活動は
温泉で入浴することである。
この予備調査では、
緑茶の摂取と温泉浴の併用効果が
緑茶カテキンの吸収を改善するかどうかを調べた。
2つの異なる介入試験、
温泉浴を伴う緑茶消費量と緑茶消費量のみを含む比較対象内設計を用いた研究は、
別々の2日に行われた。
カテキン;( – ) – エピガロカテキン-3-O-ガレート(EGCG)の
血漿中濃度を4人のボランティアから分析した。
緑茶の摂取と温泉の入浴を組み合わせた試験では、
血漿中EGCG濃度が高いことがわかった。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1744388113000406