要旨
酢酸鉛によって誘発される神経毒性に対する
保護における緑茶の役割をラットで調べた。
5つ等しい群、それぞれ10匹のラットを使用した。
最初のグループは対照とし、
2、3、4番目のグループはそれぞれ
1ヶ月間酢酸鉛、酢酸鉛と緑茶、緑茶のみを与えられ、
5番目のグループは1ヶ月間酢酸鉛を投与された後15日間緑茶を投与した。
酢酸鉛は100 mg / kgの用量で経口投与した。
緑茶は飲料水に5 g/Lの濃度で与えられた。
酢酸鉛投与は、体重の減少、還元型グルタチオンの濃度減少、
脳組織におけるSOD活性の低下、
DNA断片化および病理学的変化を誘導した。
緑茶と酢酸鉛との同時投与はこれらの悪影響を軽減した。

ハイライト
► 酢酸鉛は、大脳、小脳およびMOのラット脳に神経毒性を誘発した。
►DNAの断片化は、中毒ラット脳のさまざまな領域で高かった。
►病理学的変化は酢酸鉛中毒ラット脳で明らかであった。
►緑茶は鉛の神経毒性に対して著しい保護効果をもたらす。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0161813X1200037X