ハイライト
•白、緑および赤茶は虚血性脳卒中後の認識記憶障害を予防する。
•緑茶のみが虚血性脳卒中による空間記憶障害を予防する。
•緑茶のみが虚血性脳卒中後の海馬酸化ストレスを予防する。
•緑茶を摂取すると神経保護作用が高まる。

要旨
虚血性脳卒中の結果として生じる記憶および認識障害は、
抗酸化物質によって最小化または回避することができた。
これに関して、Camellia sinensisからの緑茶の神経保護能力が調査された。
しかし、Camellia sinensisから加工された
他のお茶の神経保護の可能性に関する情報が不足している。
ここでは、ラットの虚血性脳卒中モデルにおける
記憶障害と脳酸化ストレスに対する
緑茶、赤茶、白茶、紅茶の神経保護的役割を調査する。
我々の調査結果は、緑茶と赤茶は、
物体および社会的認識記憶の欠陥を防ぐが、
緑茶だけが空間記憶の欠陥から保護し、
海馬の酸化状態、激しい壊死および他の脳組織の変化を避けることを示す。
緑茶は、 Camellia sinensisからの他の茶よりも
虚血性脳卒中においてより良い神経保護を示す。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0197018617300268