ハイライト
•お茶中のAQの汚染源をAQ沈着の観点から追跡した。
•茶栽培 – 茶製造 – 茶注入におけるAQ伝達を評価した。
•茶作物への低レベルのAQ沈着は、
お茶中のAQ汚染を引き起こす可能性がある。
•乾燥手順はAQ残留物を減らすために重要な役割を果たした。

要旨
9,10-アントラキノン(AQ)は
未知の発生源を持つ新しい汚染物質であり、
世界中でお茶に含まれていた。
欧州連合(EU)は、
最大残留限度(MRL)を0.02 mg / kgに固定した。
お茶におけるAQの汚染源をシミュレーションにより
茶作物へのAQ沈着の観点から追跡した。
溶媒抽出およびガスクロマトグラフィー – タンデム質量分析
(GC-MS / MS)定量を用いたAQ 分析法に基づいて、
汚染経路およびAQを減少させる可能性のある主な要因を調べた。
AQの58.8〜84.6%がお茶の加工で分解し、
乾燥がAQ汚染を減らすための重要な役割を果たした。
お茶の新芽に一定の濃度のAQが沈着した場合、
お茶中のMRL 0.02 mg / kg を超えるAQが生じる可能性がある。
AQのお茶(約10%)への浸出は健康上のリスクにつながる可能性がある。
お茶栽培中のAQ沈着は、
お茶中のAQ汚染を引き起こす可能性がある。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814617315996