ハイライト
L. salivarius WB21はS.mutansの増殖と
不溶性グルカンの生産を阻害した。
L. salivarius WB21とEGCgの併用は、
P. gingivalis増殖を阻害した。
•口腔病原体はL. salivarius WB21より
EGCg に対して感受性が高かった。
L. salivarius WB21とEGCgの併用は、
口腔ヘルスケアに貢献するかもしれない。

要旨

目的
口腔の健康維持のためのL. salivarius WB21とEGCgの併用を評価する。

計画
S. mutansの増殖、
S. mutansにより生成される不溶性グルカン、
P. gingivalisの増殖に対する
L. salivarius WB21の効果をin vitroで評価した。
5つの口内病原性細菌とL. salivarius WB 21のEGCg に対する感受性、
メチルメルカプタンに対するEGCgの阻害効果、
L. salivarius WB 21とEGCgの併用のP. gingivalisの増殖に対する効果を調べた。

結果
L. salivarius WB21は濃度依存的にS. mutansの増殖を抑制し、
S. mutansによる不溶性グルカンの産生を阻害した。
培養液の濾液はP. gingivalisの増殖を抑制し、
EGCgとの併用により増強した。
EGCgは濃度依存的にメチルメルカプタンを阻害した。
P. gingivalisPrevotella intermedia
Fusobacterium nucleatumは2.5 mg/mL、
L.サリバリウス WB21は25 mg/mLのEGCgで増殖が阻害された。

結論
L. salivarius WB21は虫歯、歯周炎、口腔の悪臭の抑制に役立つ。
歯周炎および口臭に対するL. salivarius WB21の効果は、
EGCgとの併用によって増強される。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0003996918304242