カモミールティーは、人気の高いハーブティーの1つです。

 

「カモミール」は「大地のリンゴ」を意味するギリシャ語に由来するといわれていて、その名前の由来が示すとおり、甘いリンゴのような香りが特徴です。

 

5月ごろから咲き始める小さな花が大きくなるにつれ、中心の黄色の部分から特有の香りを発するようになります。

 

フルーティーな味わいと、幅広い効能があるため、非常に人気の高いハーブです。

 

そのため、カモミールティーは、カモミール特有の甘いリンゴのような香りがします。

口当たりは、優しくまろやかで、ふんわりと口の中に広がります。

 

カモミールティーは、味や香りにそれほどクセがないので、ハーブティーになじみがない方、強い香りや風味が苦手な方でも、楽しむことができるものです。

 

本日はカモミールティーの作り方と、オススメの飲み方について紹介していきます。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

カモミールティーの作り方 

        

材料・・・カモミールの花

 

  1. カモミールの花を収穫し、水洗いして水気をとります。

(花だけを摘み取ります)

  1. ザルにキッチンペーパーを敷き、摘み取った花を広げて2日間乾燥させます。天気のいい日は、太陽に当てるようにしましょう。
  2. 乾燥剤を入れた密封出来る容器で保存します。
  3. 飲む時はティースプーン2杯に200〜300ccのお湯を注いで、5分間蒸らしてから飲みます。

アイスの場合は、少し濃いめに入れ、氷を入れたグラスに熱いまま注いでください。

 

乾燥したカモミールの花はアマゾンでも買うことができます。

 

カモミールティーの乾燥と戻し方について

  1. カモミールの花の部分を収穫し、きれいに洗います。
  2. 水分をしっかりふき取り、ザルや網などに並べて天日乾燥させます。
  3. カラカラに乾いたら、清潔な瓶などに入れて保存します。

 

 ドライカモミールの戻し方

 

  • お水でもどす

お水につけて戻します。

 

  • お湯でもどす

お湯につけて戻します。

 

カモミールティーのオススメの飲み方

 

カモミールティーは、苦みや渋みを感じる方も多いです。

苦みと渋みを出しているのは「タンニン」という成分で、タンニンは、高温のお湯で淹れると、多く溶け出します。

苦みや渋みが気になる人は、熱湯は避け、少し冷ましたお湯で淹れると、苦みや渋みが和らぎます。

それでも飲みづらい場合は、ミルクやはちみつを加えるのがおすすめです。

 

 

カモミールミルクティー

 

カモミールミルクティーの作り方をご説明します。カモミールティーがそのままでは飲みづらい方にもおすすめです。

 

カモミールミルクティーの作り方

材料(2人分)

紅茶のティーバッグ    1包

ドライカモミール     ティースプーン1杯

ミルク          200㏄

 

作り方

①ポットに紅茶のティーバッグとドライカモミールの花を入れ、熱湯を200㏄注ぎます。

②5分ほど蒸らしてから、あらかじめ温めておいたカップに1/2量を注ぎます。

③あたためたミルクをカップに1/2量注ぎます。

 

カモミールはちみつティー

次に、カモミールはちみつティーの作り方をご説明します。

カモミールはちみつティーの作り方

材料(2人分)

紅茶のティーバッグ    1包

ドライカモミール     ティースプーン1杯

はちみつ         適量

 

作り方

①ポットに紅茶のティーバッグとドライカモミールの花を入れ、熱湯を200㏄注ぎます。

②5分ほど蒸らしてから、あらかじめ温めておいたカップに1/2量を注ぎます。

③はちみつを入れてよくかきまぜます。

 

いかがでしたか。

ティーバッグからでも簡単に作れる今回のカモミールティー。

 

カモミールティーは、優しく、まろやかな口当たりや、甘いリンゴのような香りでとても美味しいハーブティーです。

 

また、カモミールティーは神経を落ち着けたり、安眠効果も期待できますので、夕食後や就寝前に飲むのもおすすめです。 

 

ぜひ生活の中に上手く取り入れてみてくださいね。