ハイライト

加工条件は緑茶の抗酸化活性とその注入に影響を与えた。

in vitro消化は緑茶注入における抗酸化活性を減少させた。

消化中の抗酸化活性の低下は、プロセスの重症度とともに増加しました。

緑茶の加工条件は厳しく管理されるべきです。
抽象
緑茶のサンプルは伝統的に異なる焙煎温度(200と300℃)と乾燥温度(80、120と160℃)で作られました。
乾燥茶葉および茶浸出液中、ならびにin vitro での茶浸出液中の総ポリフェノール含有量(TPC)、1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジル(DPPH)フリーラジカル捕捉能、および鉄還元抗酸化力(FRAP)を評価した。
消化管の消化。
茶浸出液の色および乾燥茶葉のメタノール抽出物を測定した。
乾燥茶葉において、TPC、DPPHおよびFRAPは150〜173 mg GAE / g乾燥サンプル、1245〜1454μmolTE / g乾燥サンプル、および2976〜3370μmolFeSO 4の範囲であった。
/ gの乾燥した試料は、それぞれ、茶浸出液のに対して、これらの値は、88から130mgのGAE / gの乾燥した試料、691から930マイクロモルTE / gの乾燥した試料、及び1905から2609マイクロモルのFeSOの範囲であった4夫々 / gの乾燥した試料、。
プロセスの厳しさが大きいほど、サンプル中のTPCおよび抗酸化活性の損失が大きくなりました。
加工条件はまた全ての茶抽出物の色を変えた。
茶浸出液中のポリフェノールは消化を通して比較的安定していたが、消化後のDPPHとFRAP値の減少はそれぞれ16.0%から25.7%と15.5%から31.0%の範囲であった。
これらの結果は、加工条件が消化に耐える試料中の抗酸化剤の能力に影響を与えたことを示している。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0023643817308708