ハイライト

緑茶抽出物はスーパーオキシドジスムターゼ活性の低下を防いだ。

緑茶は総抗酸化能力の改善を促進しませんでした。

560mgのポリフェノールは糖尿病患者の腎臓マーカーを改善しなかった。
抽象
糖尿病における酸化ストレスおよび腎機能に対する緑茶の影響は、決定的なものではありません。
本研究は、糖尿病患者の酸化ストレスおよび腎機能に対する緑茶抽出物の効果を評価することを目的とした。
無作為化二重盲検対照臨床試験が60人の糖尿病患者を対象に開発された。
患者は、緑茶抽出物(2カプセル/日、各560 mgのポリフェノールを含む)またはセルロース(2カプセル/日)を20週間摂取するように割り当てられた。
血糖コントロールと腎機能マーカー、抗酸化酵素と総抗酸化能力を分析しました。
スーパーオキシドジスムターゼを除いて、血糖コントロール、腎機能、および酸化ストレスに違いは観察されなかった。
20週間後、緑茶抽出物はこの酵素活性を維持したが、プラセボ群の発現の減少が見られた(p = 0.014)。
緑茶抽出物はスーパーオキシドジスムターゼ活性の低下を防いだ。
しかしながら、それは総抗酸化能、血糖コントロールマーカーまたは腎機能の改善と関連していませんでした。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464618301981