今回は精揉について書いていきます。

日本茶の加工手順で一番最後に出てくる手順ですが、この作業も奥深いものということで教えていただきました。

精揉の読み方はせいじゅう

精揉はせいじゅうと読みます。

 

緑茶独特の細く伸びた形に整えるため、茶葉内部の水分を取り除いて乾燥を進めながら、人間が手で揉むように一定方向にだけ揉みます。

日本茶の独自に行うのがせいじゅう工程です。

 

精揉機はカワサキ機工が有名

精揉機を作っているメーカーも多数ありますが1位に出てきたのはカワサキ機工さんでした。

 

揉盤と揉り手馬を改良、より細く、よりツヤ良く揉り込みます。
駆動部はBOX内の潤滑油の中に歯車を全て収めてあるため、静かで堅牢です。
燃焼管理にはほこりに強いセラミックヒーターを採用しています。

 

日本茶はなぜ針状(精揉 せいじゅう)するようになったのか

お茶って揉む時に、日本茶って何で針かって話をします。

何で針なんでしょうか?

 

他の国のお茶は玉みたいに、これがグローバルですよね。

何で日本のお茶だけ針なんですか?

こんなものはないんですよ世界中に。

皆さんがよく見てるんだけど、なぜ針だと思いますか?

 

これね、一芯二葉って言って、さっきからずっと書いてる。

芯があって、一番これ旨味が多いんです。

だんだん旨味が減ってくけど渋みが増えてったり、(荒漠)してくるんだけども。

 

日本の育種、明治以来ずっと育種っていって品種改良を。

この旨味の軸の部分を多く残すって言うかな、

それが多いお茶を選んでいたのね。

 

やぶきたなんかその典型なんだけど。外国のお茶ってこうなんですよ。

葉っぱこうやって丸めると、まが玉になるじゃない。

 

日本のお茶はこれを中心に、あとは一芯二葉で、これは(大きくて)3分の1だよね。(四葉)になったら4分の1だよね。

でもこれを大事にしたのね。

これが開ききらないうちに摘むっていうの。

これは旨味は一番多い。

 

虫は旨みやカフェインを含めて感知する

 

もちろんカフェインだとかいろんなものが多くて、旨味を感知してで、ここ加害するだよね虫は。

香檳烏龍茶(シャンピンウーロン茶)とかここ加害するんだよね。

 

そのためにカフェインが多い。

もうしょうがない。

 

カフェインが多くなっちゃうんだよね。

加害されにくいようにするために、カフェインを多くする。

 

虫に食われないように。旨味も多い、

カフェインも多い。

 

でもこういうのを育種してきた。

 

美味しい葉っぱは揉むのに時間がかかる

 

お茶ってこう3枚あると、こういう形にせざるを得なかったのは、この軸っていうのはこの細い(ところに)1本あるよね。

1本、こういうの。

これ一番旨味多いんですよ。

これは揉むのに4時間かかるんですね。

 

こんなの揉んでって、初めからこうじゃんって、それまでなんだけど、これ水分引くのすごい大変なんですよ。

この水分を4時間かかって、やっとこの形になるんです。

ところが、この大きな葉っぱあるじゃないですか。

 

開いた葉っぱ。

これは揉もうと思えば30分で揉めちゃうんです。(だから)って言って、これが30分で揉めるわけじゃないんだけど、揉もうと思えばね。

これは葉肉は最後にこういう形なんですね。

 

日本のお茶のすごいところは、この広がったお茶をこの形によってく。

こういうふうによって、これに合わせようとしたっていうのが日本のお茶の変なところ、すごいところです。

揃えば、揃ってお茶が同じように火入るし、同じように煎茶しやすくなる。

 

お茶揃えるっていうのが大事で、この形に揃えたっていうのが日本のお茶の特異なところだよね。

おかしなところ。

だから針なんです。

この部分が出来るだけちゃんと製造したいというために、こっちの大きなところ徐行運転、わざわざ30分で揉めるものを4時間かけてこれに合わせてったっていうのが。

こんなことする民族いないと思うよ。

補足:美味しいお茶の部分は揉むのに4時間かかる。

 

 

日本人だけだと思うんだよ。

それでこれ針ですよね。

 

世界に誇るべきっていうか、500万tのうち8万tぐらいでしょ。

今、真似してるところがベトナムでも、真面目だからねベトナムって。

たぶん20万tぐらいとかそんなもんですけど、だんだん増えてきたんだけど、このレベルの物を作るのは日本人。

 

日本だけだと思います。

やっぱこれ特質。普段当たり前に飲んでいるお茶ですけど、この中ではちょっと特異な(部類)。

その成熟期をかけなくてやっているのがこれで、これは世界のそういうお茶です。