我が妹からチャッキーという茶が入ったペンがあるということで教えてもらいました。

若者とかにお茶を広めるためにやり始めたらしい。

私自身も初めてみた商品なのでとても興味深いものでした。

 

茶ッキー(チャッキー) ≠ チャイルドプレイ

ホラー映画チャイルドプレイのチャッキーかと思いましたが、どうやらそうではないとのことで。

以下やや閲覧注意

 

 

今回の紹介はこの方ではありません。

 

茶ッキーは島田の会社にあるらしい

静岡県の島田市にある麻原工業という会社で作れれているとのこと。

島田といえば、静岡県でも話題の小学校で蛇口からお茶が出てくるところです。

麻原工業さんはもともと茶工場の改良を手がけている溶接屋さんとのこと。

 

茶ッキーは粉茶が入っている。

 

渋谷東急ハンズと名古屋ロフトにあるみたいです(元名古屋人なのに知らず)

通常極細と書いてあるところが、極うまとなっています。とのことです。

見た目がさ、興味湧いたんだよ。とのこと。

OLさんなんかにも受けが良さそう。

 

べにふうきを茶ッキーに入れて花粉症対策に

リーフじゃないということで、茶ッキーにべにふうきを入れておけばそれで簡単に飲むことができます。

これはお茶をあまり飲まない人向けに狙えそうです。

 

 

お茶の売り上げが伸び悩んでいるということでなんとか売り上げを伸ばそうとして開発された

マイボトルに記名するために油性ペンをみてひらめいた代表。

当時の流行がエコだったので、それに着装してできたのが茶ッキーの

マイペンとして特許を取得。

 

茶ッキーはペンの色によって茶の種類が違う。詰め替え用もある。

1回につき24回分使用できる。

 

茶ッキーの値段は

一本650円ということでそこまで高くもない値段と感じます。

こういうのを使う機会が増えればお茶離れと言われている昨今でも消費が増えるのではないでしょうか。

とはいえ、ツイッターでバズったのが2年前。もう少し認知を広げていく必要もありそうです。

 

茶ッキーは若い女性向きに◎

可愛いから買っちゃうというのは、個人的にはあまり納得いかない感じなのですが。

茶の消費量を増やすという方向性では非常に好感が持てる商品だと感じました。

もっとみじかに広まって行ったら良いのかなと思います。